ペットと相性がいいキャンピングカー

ペットとの旅行はホテル派?

Image by ming dai from Pixabay

ペットブームが続いていますが、もしあなたにペットがいるとしたら、ペットと旅行する時、どのようなスタイルを選択しますか? ペットが宿泊できるホテルや旅館を探して一緒に泊まる、ペット可能なキャンプ場でアウトドアキャンプを楽しむ、ペットホテルを利用して、ペットを預けるなど、いろいろあります。

でも、ペットの宿泊可能なホテルや旅館は少なく、繁忙期に予約を取ることも難しい状況です。また、せっかく予約を取ったのに、家族やペットの都合でキャンセルすると、すぐに別の場所を探し出すのは難しいですよね。

旅行中にペットを預けるのは嫌だ

そこで、ペットを預けて旅行に出かける人も多いのですが、なかにはペットを預けるのはいやだという人も多いハズ。海外旅行など、どうしても連れて行くことができない場合などはどうしようもないのですが、近場の旅行であれば、ペットホテルなどに預けず、一緒に旅行したいものです。

そんな、状況からか、クルマを使って、ペットと旅行する人も多いようです。クルマメーカーではペット用のシートカバーやネットなどをオプション設定しているところもあります。実際、日中の公園などに行くと、クルマでやってきて、公園をペットと散歩しているユーザーの姿を見かけます。

ペットとの旅行でおすすめは

Image by Dimitris Vetsikas from Pixabay

メーカーの後押しもあって、ペットと移動するなら、乗用車でも十分な機能を発揮してくれます。しかし、宿泊となると、乗用車ではちょっと難しいかもしれません。ホテルや旅館を使わない、ペットを預けたくない、それでもペットと一緒に宿泊を伴った旅行をしたい人にとっては大問題です。

そんな時、おすすめのスタイルがキャンピングカーを使うことです。なぜ、キャンピングカーがペット旅行におすすめなのか? それは、自由に行動できるから。もちろん、ペットと一緒に宿泊もできますし、なによりも、快適な環境を保てることにあります。

レンタルのペットキャンピングカーでスタート

ユーザーに聞いてみると、キャンピングカーを買うきっかけは、ペットがいたからという人が多いんです。そして、使ってみての感想を聞くと「手に入れて良かった」とみなさんが満足されている様子です。

すぐにキャンピングカーを購入しなくても、ペット可能なレンタルのキャンピングカーがあります。ペットを飼っている方は、まずはその使い心地を体験してみてください。ストレスフリーな使い心地で、キャンピングカーが欲しくなってしまうかもしれません。

キャンピングカーでペットにもエアコンを

Photo by Álvaro Bernal on Unsplash

キャンピングカーのいいところは、快適な環境が整っていることです。しっかりしたバッテリーシステムを組んでいれば、家庭用エアコンを動かすことができるので、夏場でも快適に過ごすことができます。もちろん、断熱効果も高く、ヒーターを組み込んでおけば、冬場も快適です。

エアコンがつけられなくても、電動ベンチレーターを取り付けて、ある程度の換気ができます。夏場、室内に溜まった熱気を外に逃してくれるので、室温が異常な温度に上がることもありません。どれも、キャンピングカーならではの機能といえるでしょう。

ペット旅行の移動はキャンピングカー

最近ではペットを意識したキャンピングカーも増えてきました。汚れのつきにくいシート、防水の床、ペット用シャワーなど、いろいろなアイデア装備が取り付けられています。クルマとしての機動力、快適性などの他にも、ペットにとっても、ありがたい環境が整ってきました。

予約もいらないので、少しの時間ができたら、すぐに出かけられる手軽さ。旅に出ても、ペットに負担をかけることのない環境。キャンピングカーは、ペットとの旅行で利用する移動手段としては、適しているクルマといえるでしょう。

ペット旅行の持ち物は何が必要

Image by Bruno Glätsch from Pixabay

ペット旅行で必要なものを考えてみると、ペットシートや餌などが挙げられますが、もっと大切なのは、いつもの環境かもしれません。普段の生活を切り取って、持ち運べるキャンピングカーだからこそ、いるもの環境を変えないということが大きなポイントです。

災害時、ペットが避難所受け入れられるには困難があります。そんな時、いつも家族で過ごしてきたキャンピングカーがあれば、ペットも家族も安心して避難ができます。そんな、シェルターとしての役割も最近では注目されています。

ペットとキャンピングカーの関係について、今まで考えたことがなかったペットオーナーは、この機会に、キャンピングカーについて、もう少し深く考え直してもいいのかもしれません。

(文:渡辺圭史)